マルチモーダル輸送

輸送手段の選択の適切な混合

  • 特に都市部では、人々は例えば自家用車など1つの輸送手段にたよることなく移動します。ここでは、多数の自動車、バイク、ライドシェアリングなどで実施されているように、「所有ではなく利用」というシェアリングエコノミーの原則が重要な役割を担っています。マルチモーダルはモットーです。つまり状況に応じて輸送手段の選択することを意味します。活動、天候、距離、サービス品質などに応じて、利用者は自転車、バス、電車、レンタル自転車のどれを利用するかを決定します。また、他の輸送手段と組み合わせる場合もあります。これをインターモーダルと呼んでいます。

    マルチモーダルとインターモーダルのどちらであっても、 出発する前に、利用者はどの選択肢が最適または有意義であるかを検討する必要があります。モビリティ情報サービスを利用することにより決定しやすくなり、より簡単にトリップを計画できるようになります。ただし、現在人気のある経路プランナーの中でマルチモーダルの計画ができるものはわずかです。これを可能にすることが、PTV AG研究部門の取り組みの一つです。

    また、個別で持続可能であるほか、最新で柔軟性があり、ネットワークに接続可能でインテリジェントな移動手段の革新的な概念を創出し、インターモーダル経路チェーンならびにさまざまな道路利用者の相互作用に合わせてできるだけ現実に近い方法でレンタルサービスをマッピングするため、シミュレーションと需要モデルを改善しています。

    当社の活動分野:

    • 特に環境面でのメリットを得るためにマルチモーダルを促進する革新的な概念と政策の創出
    • モデリング結果を改善するための需要モデルと輸送モデルの強化
    • 特に新しいシェアリングに関する損害特定と評価のための手法やアプローチの強化

     

    当社製品ポートフォリオからマルチモーダル輸送の詳細について知る

  • マルチモーダル輸送のプロジェクト