ウォーキング&サイクリング

徒歩や自転車で排出ガスのない都市へ

  • 徒歩やサイクリングで誰もが貢献することができます。2010年のドイツ環境省による「都市交通における機構保護に関するガイドライン」によると、もしドイツで2020年までに5km以下の移動の半分を徒歩か自転車移動などのアクティブモビリティに変更すれば580万トンものCO2を減らすことができます。

    もしまだ十分に人々になぜ徒歩や自転車で移動しなければならないのか説明されていないのなら、インフラ設備は重要で不可欠であるのは明白です。これらを理解するためには管理者や設計者、道路使用者はアクティブモビリティの可能性を認識しなければなりません。交通渋滞の緩和や排出ガスの減少、騒音の減少はそれらの利点です。自動車のために設計されたインフラ設備は、しばしば交通モデルを基に作られます。しかし歩道や自転車専用道に関してはこのような設計方法は未だ初期の段階にあります。

    当社の研究では、将来はアクティブモビリティをモデルを基によりよく検討できる交通モデルを開発しています。さらに当社はレンタルサイクルやなどの最新移動移動システムの計画や設計の影響にも焦点を当てると共に、アクティブモビリティが都市に与える便益を評価できるツールを開発しています。

    当社の活動分野:

    • 歩行者や自転車の奨励のための革新的な概念の開発
    • モデリング結果の改善のための需要と交通モデルのさらなる改良
    • 効果の評価と特定の方法、手法のさらなる改良

    当社のウォーキング&サイクリングに関する製品についてさらに知る