社会的変化におけるモビリティ

都市と地方における今後の移動手段

  • 国連による予測では、2100年の世界の人口は112億1000万人となる見込みです。これは、2010年の人口のほぼ2倍にあたります。世界の一部の地域では人口は減少します。それ以外の地域では急激に増加します。私たちの社会では、ますます多様化と個人化が進み、価値が変化し、生活のほとんどすべての領域において、新しい情報技術や通信技術による新たな可能性が生まれます。さらに、モビリティに対する要件も変化しています。サプライヤーとユーザーの両者が、モビリティを再考しなければなりません。

    人口が減少している地域(主に農村部)では、責任者は、住民のためのサービスを確保する方法を検討し、「最低限の移動手段を提供」する必要があります。逆に人口が急増している地域は、過度の密集状態に対処する必要があります。インフラストラクチャは有限です。非常に狭い場所でのモビリティは、他者と競合を意味します。

    当社は、地域がカスタマイズされたソリューションを見つけるお手伝いをします。最適な概念を開発するために、当社は現在の人口動態、社会的および技術的な問題、ならびに新たに生まれたモビリティソリューション(シェアリングエコノミー、自動運転車など)を考慮しています。

    • 当社の活動分野:

      • 公共サービスを確保するための固定型および移動型サービスの構築
      • 公共サービスを提供する機関へのアクセスを確保するソリューションの計画
      • 公共交通機関の低需要を安定化するための政策 +公共交通機関の柔軟な運営形態の構想
      • 市民団体交渉の提案(市民バス、マイカーでの相乗りなど)の構想
      • 実現可能性の評価、組織モデル、運営モデル、資金調達モデル