徒歩と自転車の機会創出による渋滞の軽減

  • FLOWプロジェクトは、都市部の道路輸送に注目して、歩行者と自転車の役割を分析しています。


    研究チームの目的は、徒歩や自転車を電動式移動手段と同等の位置づけにしてパラダイムシフトを達成することにあります。非電動移動手段は、都市の混雑を緩和するための効率的な手段として認められるべきです。この全体的な目標は、歩行者やサイクリングが渋滞に及ぼす影響を評価する最先端のツールとともに、学際的なアプローチによって達成されます。


    渋滞評価方法

    PTVは、渋滞の緩和における徒歩や自転車の交通対策の効果を評価するために、直接的で広範にわたる影響を測定する、マルチモーダル渋滞定義や一連のマルチモーダル指標を含むFLOW渋滞評価方法の精緻化を通じて、このパラダイムシフトに貢献しています。

    モデリングと影響の評価

    PTVの貢献の核心は、既存の交通シミュレーションソフトウェア(PTV Visum、PTV Vissim、PTV Viswalk)のさらなる開発と、歩行者対策や自転車交通対策が道路交通ネットワークへ及ぼす影響をより詳しく評価するための社会経済的評価の開発です。

    輸送能力とネットワーク構築

    ユーザーフレンドリーなFLOW方式と最先端のモデリングおよび評価ツールは、ヨーロッパ全域のFLOW都市ネットワークに直接適用され、テストされます。