連邦交通インフラ計画

  • 連邦交通・デジタルインフラ省によって、新しい連邦交通インフラ計画(FTIP 2030)が制定されました。


    計画されたインフラストラクチャプロジェクトの全体的な経済的重要性を判断するために、輸送モデルを使用して予想される交通への影響を特定し、それに基づいて費用対効果分析を実施しました。さらに、2003年度の連邦交通インフラ計画(FTIP)の評価方法全体が、すべての輸送手段について根本的に見直されました。


    FTIPのプロジェクトの見直し

    交通・建設・都市開発省(BMVBS)は、2030年度の交通予測の作成プロセス全体を支援する3名のテクニカルコーディネーターを任命しました。この3人は、科学的知識の現状に基づいて評価方法の開発を支援し、将来のインフラプロジェクトを評価します。PTV代表者も積極的にこのプロジェクトに取り組んでいます: テクニカルコーディネータの広報を担当するクリストフ・ヴァルター教授博士および フォルカー・ヴァスムート工学博士(PTV Transport Consult GmbH)の2名です。

    コーディネータの業績

    PTVでは、設計全体の開発、さまざまなプロジェクトの業績説明書の作成、プロジェクト導入に必要となる品質保証に取り組んでいます。

    品質保証とFTIPの方法マニュアル

    2015年、任務では提案されたプロジェクトの評価勘定の品質保証と方法マニュアルの作成も対象となり、契約が延長されました。