自転車と徒歩

都市や道路は長年にわたり、特にガソリン車のニーズに適合してきました。しかし、これまで以上の人々が、バスや電車以外の代替移動手段に移行しています。特に、短距離では徒歩や自転車による移動が増加しています。これは交通渋滞、騒音、排気の減少に貢献する前向きな展開です。さらに、環境保護、インクルージョン、道路の安全性への取り組みの高まりに伴い、歩行者や自転車利用者が交通計画の対象になります。