eモビリティ

気候目標は、従来の移動に対する環境に配慮した代替策を重視した場合に限り達成可能です。eモビリティは低公害で静かであるため、未来のモビリティの構成要素になります。自家用車と商用車およびそれらの用途は、すべての私たちの移動行動と同様に劇的に変化すると予測されます。その結果、都市、交通、利用者にも影響が及ぶことになります。