交通需要予測

人口の増加や都市部の発展につれて、あるいはシェア型モビリティや自律走行車などの新しいパラダイムが、概念から現実のものとなるにつれて、輸送の未来はこれまで以上に見通しが難しくなっています。進んでいる道を把握することだけが、予測できないものに対する備えとなります。