• スマートシティとスマートロードのために

    最先端の統合交通管理システムは、渋滞や事故の影響を軽減するための迅速な対応策を提供します。PTV Vissimでは、交通の流れを良くし、道路の安全性を高め、安全な道路走行を実現するために、様々な高度交通管理システムを再現することができます。

    高度交通管理システムは、既存のインフラをより効率的に使用することで、交通容量を増やし、維持するために、高速道路と都市の両方の環境に設置することができます。PTV Vissimを使用して、あらゆる運用方法をモデル化し、交通流全体に対する影響を評価することができます。

  • PTV Vissimによる高度交通管理システムの事例

    • 車線管理システム(例:交通感応式速度制限 、重量物積載車両(HGV)レーン、交通渋滞警告)は、PTV Vissimで表現し、分析することができます。
    • 可変速度管理は、個々の車両の速度を調和させ、追い越しを制御して、交通量が多い時に交通の流れを円滑に保つために使用されます。
    • 危険な状況(事故、渋滞、大雨、霧など)をドライバーに警告する可変式道路情報板(VMS)や、事故によるルート選択指示もシミュレーションできます。高速道路のジャンクションでは、交通感応式や時刻制御の可変式道路情報板の両方をシミュレートできます。
    • 交通需要のピーク時に交通容量を増やすための一時的な路肩走行をシミュレーションすることができます。
    • 本線で渋滞が発生した場合に、オンランプでの交通流入を管理するランプ・メータリングは、遅延を減らすための適切な戦略となります。様々な制御アルゴリズムをテストし、最適なアプローチと最適な閾値を当社の交通シミュレーションソフトウェアで特定します。
    • Managed Laneは、フリーウェイ区間を走行するすべての車両のうち、特定のサブグループが専有できる特別な車線です。代表的なサブグループは、多人数乗車車両(High Occupancy Vehicle:HOV)と、料金を支払って HOT (High Occupancy and Toll)車線を利用する車両などがあります。ダイナミック・ロード・プライシング と、交通経路への影響をシミュレーションし、評価することができます。